皆さんは髪とのつきあい方を思い描いた経験があるでしょうか? 

女性ホルモンの低下に左右される抜け毛・薄毛は、年を取るにつれてどんな人でも身をもって知る普通のことなのです。

稀なことではなしに、避けて通る事が不可能です。

それに伴って抜け毛・薄毛とどう相対していくということが重要な点になります。

とりあえずはあなたの髪の事をよく知ることからはじめたほうが良いでしょう。

女性の脱毛・薄毛は男性と何が違う?

抜け毛や薄毛のお悩みは、“男性の専門分野”と思われることが多いですが、今は、55歳以上の女性の約7割が薄毛に困惑してるのです。

さらに近頃では、20代や30代と若々しい女性達が、薄毛を心配しているケースも広がっているのだそうです。

では、女性の抜け毛・薄毛の原因は、一体なんでしょうか。 1つは「ホルモンバランスの崩れ」になります。

更年期(45歳~55歳)ともなれば、急激な女性ホルモンの低下と一緒に、抜け毛・薄毛が不安になりはじめるのです。

2つ目は「頭皮トラブル」になります

髪と相違するヘアケア用品(シャンプー・ヘアトリートメント)をずっと使用すると、髪が発育しづらい頭皮環境になってきます。

3つ目は「過度なダイエット」

過激な食事内容は、毛根に対する栄養・酸素不足の原因に変わって、抜け毛・薄毛を進行させるはずです。

4つ目は「老齢化」になります

年齢に伴う発毛サイクルの変容が、薄毛が発生する原因になる可能性もあります。

更には、5つ目は「ストレス」なんです

仕事や対人関係のストレスで、ホルモンバランスが狂って血流不良に陥ると、脱毛症が発生するケースがあります。

最後は「ライフスタイルの崩れ」と考えます。

睡眠が足りないことや運動が足りないこと、タバコといった健康に悪い日頃の生活は、血行障害をもたらし、薄毛の引き金になります。

こういった原因より、ホルモンバランスが起因して発生する脱毛を「女性の男性型脱毛(FAGA)」、減量なんかによる亜鉛欠乏症や貧血などによって発症してしまう抜け毛を「疾患ベースの脱毛」、妊娠・出産などは生命にかかわる極度のストレスが招く抜け毛は「休止期脱毛」という風に言われます。

女性の脱毛の種類と対処方法とは?

女性の男性型脱毛(FAGA)

閉経を迎え女性ホルモンが少なくなり、相対的に男性ホルモンが優勢に機能する時期に生じる脱毛症になります。

薄毛に不安を抱えている女性の約50%がこのような種類と言われています。

髪の生え際より頭のてっぺん辺りにわたって脱毛が増えて、同時進行で毛髪が軟毛化し、地肌が透けて見えると考えられます。

女性については、男性と異なってあらゆる毛髪が抜けないことが特有です。

がんらい遺伝的に男性ホルモンに対する影響を受けやすいと男性型脱毛症に掛かりやすいでしょうが、FAGAがどういうふうに遺伝してしまうか証明されていないです。

疾患脱毛

亜鉛欠乏症や貧血が影響している脱毛症になります。

鉄分や亜鉛が足りないと、髪に豊富な栄養分が供給できなくなって、脱毛に直結します。食事内容の改良や投薬治療で向上させられる症状になります。

休止期脱毛

地肌が透けて見えるくらい頭部全体の髪の毛が薄くなる、女性独自の脱毛症になります。

FAGAとは異なり、毛の質が軟毛化しないことが特徴となります。

背景にあるのは、老齢化や疲労感、ストレスであったり複数あるとのことです。

治療のやり方は限定されていないですが、期間をかけて原因と考えられる事実を取り去ると、正常化するケースもあるとのことです。

円形脱毛

リンパ球があなたの毛根を敵と捉えて襲撃する、自己免疫疾患の一種です。

ちっちゃいのは自然回復することもあるのですが、大きいものや進行の迅速なものは、医療施設で一刻も早く施術することこそが良いと言えます。

まとめ

女性の男性型脱毛(FAGA)や休止期脱毛などは、遺伝的原因や老齢化・疲労感・ストレスが原因の脱毛症においては、主要なケアは存在しないというのが現実的なのですって。

ですが、抜けた毛と寂しくなった頭部を目にする毎に憂鬱になると、これがストレスになって薄毛を加速させてしまうこともあるそうです。

“女性は薄毛にならない”ってのは、時代遅れの通念。

いまでは、女性の薄毛というのは、老齢化と同時に引き起こされる回避できない問題です。

心配して消極的に至るよりも前に、技術力のあるクリニックで診療を開始して、エキスパートに託して、解消の入り口を探してみるのもいいと思います。