女性であっても抜け毛が進行して、薄毛になって始めている方だって増加傾向にあります。

とりわけ30代女性で出産した後に抜け毛が増加してしまったといった方もいるかと思います。何が要因となって抜け毛が引き起こされるのでしょうか?

30代に増えている女性の抜け毛の原因とは?

女性だって男性と一緒で、年齢と共に髪が薄く、細くなっていくわけですが、近頃、20~30代といった低年齢の女の人たちの間にあっても、抜け毛で悩んでいる方が増加傾向にあります。

若い年齢の抜け毛要因は、どんなものなのでしょうか?

女性特有の抜け毛で多いと言えるのは、子供を産んだ後に発生する「産後の脱毛」になります。

お産が原因の急激なホルモンバランスの変化で、出産した後にどっと毛が抜けてしまいます。

出産後の抜け毛の経験した人の多くが、半年から1年くらい(※人によって違います)で治まるみたいですが、出産後の抜け毛が引き金となって、薄毛が悪化する方もいますから気をつける必要があります。

それから、30代から少しずつみられるのは、年齢に伴う発毛サイクルの変化に伴う脱毛になります。

発毛サイクル上で休止期に入った毛は、ごく自然に抜けます。

成長期が長いほど脱毛は小さく、短いと抜け毛が増加しますが、加齢と共に発毛サイクルの成長期は短くなるので、どうしても抜け毛は増えます。

全体的に髪のボリュームが少な目になった、と感じるのはそれに伴ってです。

他に、20代の抜毛になる発端として多いと言われているのは、ライフスタイルの崩れになります。

夜更かしが元となる睡眠が足りないことや外食過多の食生活、飲酒やタバコ、運動が足りないことや長時間労働によるダメージとか、良くない日頃の生活がカラダの血の巡りを滞らせるのです。

カラダの血の巡りが悪化すると頭皮の血流も悪化するから、抜け毛になってしまうと考えられています

さらに、あなたの頭皮や髪質と異なるシャンプーが原因の頭皮トラブルや、正しくないヘアケアも抜け毛の原因に。

シャンプーのやり過ぎや、髪が湿ったまま寝てしまったら頭皮トラブルに直結するケースもあるからダメです。

また、ヘアアイロンの使いすぎやカラーリングやパーマをちょくちょくするのも、じかに抜け毛が発生する原因とならなくとも、ダメージヘアや切れ毛が引き起こされるっていうのはよく知られています。

女性向けの抜け毛の改善方法を知りたいなら

それでは、抜け毛で頭を抱えないには、どうしたらいいでしょうか。

とりあえずは、食事内容を改善してみるのもいいと思います。

とりわけ、女性が不足することが多い栄養分・鉄分や亜鉛、タンパク質が含まれた食べ物を率先して摂りたいものです。

こういった栄養というのはカラダだけに限らず、頭皮や髪にとっても大事な栄養分になります。

鉄分はレバーや貝類、ほうれん草にいっぱい含まれ、亜鉛は牛肉やチーズ、牡蠣なんかに配合されています。

たんぱく質は、卵、豆腐、納豆とかでカバーできるから、意識的な摂取を意識したいもんです。

そのうえで、規律正しい毎日を送ることこそがやっぱり大事です。

日々の生活のサイクルが悪化すると、コンディション不良が発生するだけじゃなく、心にも良くない結果が…。

メンタルが弱くなるとホルモンバランスが崩れ、抜け毛が増加します。

朝はちゃんとお日様を浴び、暗くなってからは穏やかに安眠できるライフサイクルを整えたいものです。

さらに、頭皮の血の巡りが良くないと、髪の成長に対しての悪影響が想定されます。

そうならないために、頭皮の血行を活発にする頭皮マッサージがピッタリです。

シャンプーの後や、就業中の休息時間など、カラダや頭が疲れ切ったなと感じられた時には頭皮マッサージを。

頭皮の血の流れの改善や抜け毛予防のために、習慣化を意識したいものです。

育毛剤を試してみることだって、ひとつの方法になります。

近頃では、女性専用の育毛剤が数多く販売されています。

肌の質や髪質、目的にあうアイテムが見つかれば、3~6カ月くらい継続使用してみたらいいと思います。

まとめ

女の方の抜け毛が発生する原因は様々です。

年齢変化やライフスタイル、心の問題だったり、男性の薄毛と比べて要因が判っていないです。

とりあえずは、日々の生活の範囲内でできる改善方法を試しましょう。

いくつものやり方にチャレンジしても良くならないケースでは、専門医や専門カウンセラーの所へ。

早期の受診・相談で解決の手掛かりが、見つかる可能性があります。