お手入れが丁寧な清潔な髪は、女性を若々しく健やかに見せるもの。

きれいな髪をキープするには、頭皮ケアや髪の洗い方、ドライヤーのかけ方に配慮することが不可欠です。

さらに、今ある髪をお手入れすること以外に、この先発毛する髪を健やかに育むことだって大事です。

今日は、髪の悩みを抱えている40代女性目的として、適したヘアケアの注目点をご紹介します。

ヘアケアの重要性

チャーミングな髪をキープするには日々のヘアケアが必要不可欠です。

ということでヘアケアの重要さにおいて分かっておきたいです。

髪というのは歳と共に変化します。

10代の頃は気になることはなかった方だって、「毛髪量が少なくなってきた」「髪が痩せこけた・コシやツヤが見られなくなった」「白髪が増加した」といったトラブルを持っているケースがあります。

髪の老齢化やダメージの要因として起こりうるケースのひとつは、女性ホルモンの減少になります。

とりわけ、髪の育成と関連する女性ホルモンの一つ「エストロゲン」というのは、分泌量がダウンすると薄毛や抜け毛が発生する原因になる場合が多い大切な成分。

美しい髪に保っておくには、エストロゲンの継続が大事です。

さらに、強い陽射しや乾燥、皮脂、汗などの外的要因も、髪のパサつきやターンオーバーの崩れというものを起こします。

その他、カラーリングやパーマに活用する薬剤は刺激がきつく、かぶれや炎症の元となっている要因にもなりますから、「日の下にいる時間帯が長い」「汗が人より出る」「カラーやパーマを盛んに活用している」といった方は、正しいケアを欠かすことが出来ません。

この様に、年齢と共に変化が出やすい髪は、女性の見た目年齢を決定づけます

これに伴い、日頃の肌の手入れと一緒で髪も丁寧にお手入れすることが肝心なのです。

ヘアケアのポイント1:頭皮ケア

髪を適切にお手入れする1番目のポイントは頭皮のケアなんです。

健やかでツヤがある髪を発育させるには、頭髪そのものだけじゃなくて、頭皮の状況をひとまず整えたいものです。

頭皮ケアの重要性

頭皮は毛髪の「ベース」になります。

どんなに毛髪をケアしてみても、ベースである頭皮が健やかでなかったら成果はそれほど現れません。

頭皮を「しなやかな状態」をキープすることこそが、生き生きとした髪を成育させるカギ。凝り固まった頭皮というのは抜け毛になってしまう場合もあります。

頭皮をケアするポイント

お肌と一緒で、強い陽射しから防御するという事を心がけましょう。

日光の紫外線というのは、キューティクル(髪の表面を覆っている組織)を破壊し、髪のパサつきもしくは地肌の老齢化の要因となります。

キャップを着用したり日傘を差したりするだけで、お手軽なUV対策法ではありますが、髪専用の日焼け止めスプレーを利用することだって効果があります。

さらに、長時間強い陽射しを浴びた場合には、冷たくしたタオルとかで頭皮のほてりを沈めると良いのです。

ヘアケアのポイント2:髪の洗い方

健やかな髪を発育させる正常な頭皮ができあがったら、日々のシャンプーやコンディショナー、トリートメントで頭髪自体をいたわることが重要です。

あなたにマッチするヘアケア商品の決め方や適切な髪の洗い方をお伝えします。

シャンプー

シャンプーの理由は、スカルプの汚れや皮脂を除去することとなります。

それに伴って、1種類のシャンプーをずっと使用するのじゃなく、地肌の特徴にあわせてセレクトするようにしてください。

皮脂量がいっぱい、髪のベタつきを気にしている際には、オイリーヘア専用のシャンプーや、洗い上がりがさっぱりするタイプのものがもってこいです。

反面、乾燥に影響を受けるフケや切れ毛が心配なケースでは、アミノ酸やオイルが含まれたタイプをセレクトしてください。

髪を洗髪する際には、シャンプーを容器から出した状態の直接髪に塗りこむのじゃなく、手のひらでちゃんと泡を立ててから使用します。

爪でゴシゴシ洗浄すると地肌を傷付けてしまうから、指の腹でもむようにきれいにすることが大切です。

さらに、シャンプーが髪に残っていると毛穴が塞がる要因になるので、すすぎはしっかりやりましょう。

コンディショナー

コンンディショナーについては、髪の表面をコーティングし、パサつきや乾燥を防御する効果があります。

トリートメントみたいに髪の内部に行き渡って効き目があるものとは違いますので、気に入ったでき上がりやテクスチャ、お好みの香りのタイプを選択するといいでしょう。

コンディショナーを利用する際には、地肌にじかにつけたり、何時間もそのままにしたりすることを避けるべきです

髪にコンディショナーが残ったと、油分が毛穴に塞がってしまうため、髪全体になじませた以降はきちんと洗い流します。

トリートメント

トリートメントにおいては、髪の内部に行き渡って髪の傷みを修復したりとか、髪質をコントロールしたりする役割があります。

その際の髪状態に合わせて利用回数を決定しましょう。

髪が健やかな際には連日利用することはありませんが、パサつきなど傷みがひどいケースでは、日常的に利用することが重要です。

さらに、髪の状態に適したタイプを選び出すことが重要です。

枝毛や切れ毛が多くあるのならばダメージの進行を食い止める作用があるタイプを、うねりやパサつきを気にしているケースではオイル成分が含まれた保湿力の目立つタイプをセレクトしてください。

トリートメントもコンディショナーと一緒で、地肌につけない様に気を付けましょう

せっかくシャンプーできれいにした頭皮に不要な油分がプラスされてしまい、地肌のトラブルに結びつきます。

正しいケアで髪のアンチエイジングを

ヘアケアは、今ある髪のケアだけに限らず、ベースである頭皮をお手入れし、規則的な毎日を送ることによって初めて効果が見込めます。

髪の退化を完璧にストップすることは不可能ですが、身体の内側と外側の両方より適切なお手入れをすれば、進行を遅らせるっていうのは可能でしょう。

1日限りでは髪質の変化を感じ取れないから、常日頃から継続することが重要です。

まだそれほど髪のお悩みの少ない方も、年齢を積み重ねた際に準備して、本日から始めてみるのもいいと思います。

薄毛や抜け毛が気になる方はコチラもおすすめです。

ルルシア育毛剤